2月20日(火)〜3月4日(日)

増田泰子

「時を経て輝くものたち」





5年ぶりの温々さんでの個展となります。

千葉から長野に居を移し作風もだいぶ変わりました。

漆喰をベースにした絵画や古物を再利用したオブジェを制作しています。

時の流れを経た味わい深いかおりや、懐かしさのようなものが表現できたらと思います。






3月6日(火)〜3月18日(日)

松本美弥子

「月とか星とか」




磁器土での制作をしています。

銀を焼きつける仕事の仕様に自分なりのイメージで

月白、星月、月影...などと名前をつけています。


今回の展示では銀の持ついろいろな表情を見ていただけたら、と思います。

うつわ、ブローチやピアス、オブジェなどを並べます。





今後のギャラリー 《PDF》 ← Click !!



過去のギャラリー 《 Site map 》 ← Click !!





《2018年ギャラリー:終了しました》


1月5日(金) ~ 25日(日)

吉澤 浩

たんたん展 VOL7




ざらざらとした陶器の展示です。

根っからの貧乏症でとても上品には出来ません、今できる精一杯を・・・

ところ狭しと並べて「ひとり陶器市」頑張ります。





1月23日(火) 〜 2月4日(日)

キリムのある暮らし展





約6,000年もの昔、トルコから周辺地域へ広がり、何世代にもわたって

織り継がれてきたキリム。 日々の必需品としてだけではなく、装飾品としても

遊牧生活を彩ってきた織物の数々。敷物の他にも、キリムを使ったインテリアやバッグ

また絨毯も数種ご紹介いたします。


〈佐々木知子 プロデュース〉





2月6日(火) 〜 2月18日(日)

織戸ゆかり・中矢嘉貴 ・山田亜衣 作品

「家時間」





まだまだ寒い季節、家で過ごす時間を楽しむアイテムをお届けします。

織戸ゆかり/絵画

中矢嘉貴/木のうつわ、ランプ charan

山田亜衣/銅・真鍮の時計、花器、オ−ナメントなど


〈hotsumi GALLERY プロデュース〉