11月 6日(火)~11月18日(日)

金原初代

「愉しい食卓」





ごはんの時はホッとしたい…。

好きな器とやさしい料理でホッコリ。


作家在廊日
11/6(火)、10(土)、11(日)、13(火)、14(水)、16(金)、17(土)、18(日)





11月20日(火)~12月2日(日)

原島秀行

杜のかたち展





「杜」をテーマに作品をつくり続けています。

人は太古より「杜」を神聖なものとして崇め生活してきました。

それは自然との共生であり感謝を意味します。

これから先も失ってはならない大切な生活のかたちのように思えるのです。

銅板を金槌で叩いて成形する鍛金という技法を用いた金工と少し木工を取り入れています。


作家在廊日
11/23(金) ・ 24(土) ・ 25(日) ・ 12/1(土)





12月4日(火)~12月25日(火)

しめしめ展



今年もやってきました年末の 「しめしめ展」

一年のご褒美に

大切な人への贈り物に

今年も素敵な作品と出合えたらこれは・・・しめしめ






高内陽彩 (陶)

三温窯 (陶)

藤村尚史 (陶)

尾形かなみ (ガラス)

山口起久恵 (ガラス)

伊藤亜木 (ガラス)

中矢嘉貴 (木のうつわ・ランプ)

林・恵子/中村幸代 (吉祥てぬぐい)

田中友紀 (金工)

akiko tamai (ビーズ)

ryoko maeshima papercutting (紙)

horiguchinaoko (手編み小物)

col tempo (革)

ten ten dot (ウールくつ下)


( 順不同 )




12月26日(水)

〆Live 

詳細はNewsページをご覧下さい





12月27日(木) ~ 1/4(金) 冬季休業





今後のギャラリー 《PDF》 ← Click !!


上半期 《PDF》 ← Click !!


過去のギャラリー 《 Site map 》 ← Click !!





《2018年ギャラリー:終了しました》


1月5日(金) ~ 25日(日)

吉澤 浩

たんたん展 VOL7




ざらざらとした陶器の展示です。

根っからの貧乏症でとても上品には出来ません、今できる精一杯を・・・

ところ狭しと並べて「ひとり陶器市」頑張ります。





1月23日(火) 〜 2月4日(日)

キリムのある暮らし展





約6,000年もの昔、トルコから周辺地域へ広がり、何世代にもわたって

織り継がれてきたキリム。 日々の必需品としてだけではなく、装飾品としても

遊牧生活を彩ってきた織物の数々。敷物の他にも、キリムを使ったインテリアやバッグ

また絨毯も数種ご紹介いたします。


〈佐々木知子 プロデュース〉





2月6日(火) 〜 2月18日(日)

織戸ゆかり・中矢嘉貴 ・山田亜衣 作品

「家時間」





まだまだ寒い季節、家で過ごす時間を楽しむアイテムをお届けします。

織戸ゆかり/絵画

中矢嘉貴/木のうつわ、ランプ charan

山田亜衣/銅・真鍮の時計、花器、オ−ナメントなど


〈hotsumi GALLERY プロデュース〉






2月20日(火)〜3月4日(日)

増田泰子

「時を経て輝くものたち」





5年ぶりの温々さんでの個展となります。

千葉から長野に居を移し作風もだいぶ変わりました。

漆喰をベースにした絵画や古物を再利用したオブジェを制作しています。

時の流れを経た味わい深いかおりや、懐かしさのようなものが表現できたらと思います。






3月6日(火)〜3月18日(日)

松本美弥子

「月とか星とか」




磁器土での制作をしています。

銀を焼きつける仕事の仕様に自分なりのイメージで

月白、星月、月影...などと名前をつけています。


今回の展示では銀の持ついろいろな表情を見ていただけたら、と思います。

うつわ、ブローチやピアス、オブジェなどを並べます。





3月20日(火)〜4月1日(日)

上野玄起

鉄の造形作品展





八ヶ岳のアトリエから生み出されたアイアン作品の展覧会です。

造形作品から実用品まで様々な作品を展示販売します。

新しい鉄の魅力を発見していただければ幸いです。





4月3日(火)〜4月15日(日)

会津のうるし展





会津からつくり手が集まり

器や箸、アクセサリーなどを揃えました

伝統的な技法のものから、新しい個性的なものまで さまざまな表情のうるしをぜひご覧下さい。



在廊日 

3日(火)~5日(木)  増子

6日(金)~8日(日)  三留

11日(水)~13日(金)  二瓶

14日(土) ・ 15日(日)  八木




4月17日(火)〜4月30日(月・祝)

今井茂淑

木工∙古材家具展




古い民具、農具、デッドストック材、鉄などの

歴史を経た素材を形にしています。

「お手持ちの素材で何かにできないか?」と

思いがありましたら在廊時にお声掛けください。

何かのヒントになれば幸いです。



在廊日  4月17日(火)・21(土)・22(日)・28(土)・29(日)・30(月.祝)






5月2日(水)〜5月13日(日)

野村康子

26回個展





見沼の風・雲、ふるさと石川の風・海。

大作は最近作を展示いたします。

また みなさまに お会いできますよう。



​在廊日  5 / 2(水)・ 3(木)・ 5(土)・ 6(日) 8(火)・10(木)・12(土)・13(日)





5月15日(火)〜5月27日(日)

神谷ふじ子

「金属のかたち ・ 表情」


「満ちる」 65×65×42cm


銅を腐食させ緑青をふかせたものと七宝とのコントラストから造形を追求しています。

大作からアクセサリー迄出品します。


作家在廊日:期間中在廊(20日のみ不在)





5月29日(火)〜6月10日(日)

田中猛

「陶楽」





くらしの中の うつわ・ランプ・おもちゃ・など





6月12日(火)〜6月24日(日)

加藤文子

「My other Love vol.VI」






植物の冬眠する季節は、BOXにペイントして過ごすことが恒例になりつつあります。

今年で6回目を迎える展覧会、はたしてどのような展示になるのでしょう。

ペイントしたBOXや植物スケッチそうして初夏の植物達も・・・一緒です。

楽しい展示になりますように・・・。






6月26日(火)〜7月8日(日)

児玉美重

竹細工展





4回目の別府竹細工展になります。

暮らしに寄り添う手仕事の展示です。

使い勝手の良い定番のカゴと遊び心のある新作で 皆様をお待ちしています。




--- 製作体験--- 各3000円

開催日程
6/26(火)、7/6 (金)、7/7(土)

各15時 ~ 四海波 4名まで

各17時 ~ 花茶托(2つ分) 3名まで


四海波



花茶托



お問い合わせ・ご予約

温々まで

(店頭・お電話 優先とさせていただきます)





7月10日(火)~7月22日(日)

詫摩まり

ガラス展





宙吹きならではの柔らかいカタチ。自然の成り行きでできる
有機的なカタチ。 そんなカタチを作るのに楽しみを感じる今日この頃です。 今
年の展示ではテーブルウェアに加え、吊るすオブジェや置き型の照明などを 予
定しております。大好きな温々さんで、皆様との出会いを楽しみにしておりま
す。


作家在廊日 7/10 (火)・14 (土)・15 (日)・21 (土)・22 (日)





7月24日(火)~7月29日(日)

7月30日(月)~8月2日(木) 夏季休業

8月3日(金)~8月12日(日)


工房集 グッズ展





10回目となる今回は ステンドグラスをメインに展示販売します。
夏らしく涼しく輝くガラスの作品たち。 ステンドグラスの透明感をお楽しみください。
ステンドグラスの他に 手織り小物や工房集一押しのグッズが並びます。





8月14日(火)~8月26日(日)

熊田恵子

晩夏の白 Ⅱ





和紙のような風合いを表現した白いうつわや花入を中心に

モノトーンな色のうつわも今回は展示します







8月28日(火)~9月9日(日)

星耕硝子 伊藤嘉輝

「日用のガラス」





定番品を主に、また新作も心ばかりですがご紹介いたします。

皆さまの暮らしの中で ついつい手にとって使いたくなるガラスでありますように。





9月11日(火)~9月24日(月・祝)

春田香歩

自然の色・草や木からの染め布展





夏から秋にかけて、木や草の葉っぱの中は、色素が熟して濃くなっています。

より効率よく太陽の光を吸収出来るように独自のフィルターを変化させているのです。

それで草木染めも9月ころが最適な時期。

豊かなオーガニックカラーで、また楽しい創作作品をお見せしたいと思います。





9月16日(日) ・ 23日(日) 

おもしろ!藍の葉たたき染め体験 (ハンカチ)


 両日 午後2:00から(約1時間半)

 各回定員10名

 参加費 : 500円



* 持ち物

  薄いゴム手袋/カッターナイフ

  厚みのある雑誌(カッター台に使用)

  ビニール袋/汚れてもいい服装


* 開催場所 : 温々敷地内(屋外)



* お問い合わせ・申込み *
 
温々スタッフまで 048-686-3620







9月26日(水)~10月8日(月・祝)

しもゆきこ

木版画展 「かしわ林へ」

(宮沢賢治著「かしはばやしの夜」より)





手のひらのような柏の葉が好きで ―かしははみんなざわざわ言ひ

― という初版本の目次の説明に思わず行ってみたくなりました。





10月10日(水)~10月21日(日)

kokochi sun3

ハンドメイド靴展





kokochi sun3 というハンドメイド靴ブランドです。

つま先の反り上がりや 独特の加工を施した革の雰囲気。

まるで映画のスクリーンから飛び出してきたような コミカルな風貌の靴。

そこでは手仕事でしかなし得ない柔らかな空気感が漂っています。

靴作家・森田の頭の中を落とし込んだ悪戯ゴコロ溢れる靴。





在廊日 10/20(土) ・ 21(日)


『 kokochi sun3 』の靴は、使い込んで、育っていき、リペアをしながら長く履ける靴です。

オーダーの際は

作家在廊日にデザインを選んでいただき足を採寸。

革の色や素材、ソールの形状・製法などを細かくお選びいただき

約4ヶ月でのお渡しとなります。




〈野澤美奈子プロデュース〉





10月23日(火)~11月4日(日)

Gift Earth

ユサブルシナジナ展





お金と物のやり取り、環境のこと、

さまざまなリスクと向き合う人々との連携、

様々な作り手のあり方から生まれた世界の製品を紹介します。