2013年 




1月5日 (土) ~ 1月27日 (日)

しが みさこ

手から生まれたもの展

日々の暮らしで毎日使ってもらえたらいいなと 思いながら器を作り、
日常の中にふと 物語を感じてもらえたらいいなと 思いながら「森のひと」を作りました





1月29日 (火) ~ 2月11日 (月・祝)

増田 泰子 展
立体・オブジェ・平面

何気なく過ごしている日常ですが、五感を働かせることにより
見えてくる美しい情景をさまざまな素材を使い、平面や立体作品に具現化してみました。




2月13日 (水) ~ 2月24日 (日)

横倉 永祐
皮革のバッグ・小物展

フルオーダーを止めshopを閉め工房移転し、
時間に追われることがなくなり
自分から時間を創造出来るようになった。
刹那的に発想したことや、閃いたことで楽しいモノ作りを楽しんでる日々

工房移転後 初個展


2月26日 (火) ~ 3月10日 (日)

秋谷 茂郎
陶展


『芸術の神様のための質の良い楽器になる』
作家・倉本聡さんが、何年も前にラジオで自信の創作について話していました。
以来、僕の心にいつも有る座右の銘になりました。
僕の中を通してくるかたちが素晴らしいものになるように、楽器の自分を磨きつつ、土に向かう日々です。


3月12日 (火) ~ 3月24日 (日)

あづ木クラフト + 花塚光弘
小さな木からできたモノ

木のハコ・木のトケイ・木のウツワ。
いろんな色の木を並べて 頭の中にフッと浮かんだカタチ。
スケッチして 小さな部品をたくさん作って カタチにして できたモノを並べて眺める。
僕の小さな楽しみです。


3月26日 (火) ~ 4月7日 (日)

田中 俊介 作品展
杜の鎚音 2013

金属の板を叩く鎚音は、
素材との対話のようだな、まるで。


4月9日 (火) ~ 4月21日 (日)

前田 一郎
ガラス展

四月になれば、、、
あたたかな光がガラスのむこうとこちらとを行ったりきたりして、はねまわっているから、
コップや小鉢や花の器や、ギャラリーにならべたガラスの諸々は、
うきうき気持ちをかくすことができずに、
落ち着きのないそぶりでゆらゆらゆれたり、我慢ができずにころがりだしたりしてるかもしれません。


4月23日 (火) ~ 5月6日 (月・祝)

姉歯公也
- アネハネハ楽園国展 -

こつこつこつこつと、小さな人形達の物語を作っているうちに、
いつの間にか気分は遠いどこかへ旅行をはじめました。
5月の緑の中で、フワフワと浮遊する人形達の物語を楽しんでみて下さい。


ゴールデンウィーク:温々およびギャラリーの
休業日は 振替で 4/30(火)、 5/7(火)です。

温々のGWカレンダーへGo




5月8日 (水) ~ 5月19日 (日)

ギャラリー 桂 プロデュース <特別企画>
「陶と鉄と銀の3人展」
渡辺佳春(陶)
高内和子(銀)
高内陽彩(鉄・陶)

蹴りろくろ 登り窯からうまれる渋く
あじわい深い器。
透明感あるシルバーアクセサリー。
鉄や陶で軽やかに作られた新鮮な趣の造形。
栃木からお届けします。

作家在廊日
 渡辺 11(土)、15(水)、19(日)
 陽彩 8(水)、9(木)
 和子 12(日)、18(土)、19(日)



5月21日 (火) ~ 6月2日 (日)

安田 裕康
作陶展

埼玉での初個展となります。
食器・茶器・酒器・花器など150点の展示です。
地味で素朴な色合いの焼締陶をご清覧いただけるとさいわいです。

作家在廊日(予定)
 5月 21(火)、22(水、,23(木)、24(金)、25(土)、26(日)
 6月 1(土)、2(日)


6月4日 (火) ~ 6月16日 (日)

Gift Earth
ユサブル シナジナ展

カタログギフトのGift Earthが取り扱うシナジナ。
日ごろ触れることの少ない国々の伝統の品や巧みな手しごと、
ユニークな製品など、生産地の物語りとともに紹介します。

from パレスチナ、ボスニア・ヘルツェゴビナ、スウェーデン、アフリカ諸国 etc...


6月18日 (火) ~ 6月30日 (日)

仕草
てぬぐい展

「注染」という方法で植物染めの手ぬぐいを作っています。
生活になじむ柄や童画のような絵柄のもの、
型染めならではの作品づくりを意識して、日用品としての
手ぬぐいと向き合っていきたいと思っています。







7月2日 (火) ~ 7月15日 (月・祝)

森下 彰太 陶展
ムニンヤキとKAVA POT

採掘場所により微妙に変わる赤の色。
ここ小笠原父島の土に出会えた幸せを感じつつ
創る日々。島の材料を使った器”ムニンヤキ”と
イラストレーターyomocoが絵付けした
共同制作”KAVA POT”も同時展示。


7月17日(水)~7月28日(日)  

工房集
ステンドグラス作品展

温々で5回目となる今回は「ステンドグラス」を中心に展示します。一点もの。
ガラスを使ったこだわり作品の数々が並びます。


7月30日(火)~8月11日(日)  

晩菁
ばんせい銅版画展

線描きだけの表現を気ままに
試みた銅版。―描けば、つい
おなじみのイメージやフォルム(型)が
出てしまいます。が、これもバンセイワールド
のひとつとしてお楽しみ頂けましたら
幸いです。   

  
※ 8/3(土)・4(日)・5(月) この3日間は、ギャラリーとカフェ 共に休業とさせていただきます。




8月13日(火)~8月25日(日)  

こなか かずよ 工房野良 
手仕事の布、糸展

手で紡ぐ、織る、などの仕事から出来上がった
素材を草木で染めたりして ワクワクしながら
布づくり、作品作りをしています
布、糸、ボタンの素材も販売します




8月27日(火)~9月8日(日)  

沖澤 康平
ガラス展

無色のガラス器には、
色を入れる楽しみがあります。
日々の食卓を彩り、
季節ごとに変わる空気まで映している気がします。
暮らしの中で潤いの道具として共有していただければと
思っております。




9月10日(火)~9月23日(月・祝)  

林 友加
白磁

見て使って心地よいと感じて頂けるような器が作れたらと思っています。
普段使いの器を中心に、ちょっと楽しくなる小物も並びます。
よろしくお願いします。




9月25日(水)~10月6日(日) 

吉田 もも   
書展  奇跡

生きること、思うように動けない身体で
暮らすことは試練の続く毎日です。
だからこそ小さな幸せが大事であり、
全ての出会い、出来事が奇跡なのです。




10月8日(火)~10月20日(日) 

しもゆきこ木版画展
"「狐の小学校」  宮沢賢治著「茨海(ばらうみ)小学校」より"

「最高の偽(うそ)は正直なり」という格言を
教える狐の小学校に行ってみようと思います。




10月22日(火)~11月4日(月・祝)  

<特別企画>
コハクノ森  まつやま さとこ布画展

布と糸で綴る一枚童話。
深まる秋の森のおはなし。

 * コハクノ森には、みなさんに参加頂くと完成する作品があります。

企画:hotsumi GALLERY 須藤ほつみ

***********

作家在廊日
10/22(火)・26(土)・29(火)・11/1(金)・4(月・祝)
各日 14:00~17:00

***********

ほつみさんぽ
コハクノ森と温々を楽しむ「ほつみさんぽ」を行います。

日時: 10/26(土)・11/1(金) 午後1時から(予約制)
ご予約・詳細はこちら →  http://hotsumig.exblog.jp/





11月6日(水)~11月17日(日)  

佐々木 義之 陶展


 毎日、毎日、同じ山道を散歩する。
いつもの鳥居の前で、手を合わせ、来た道を戻る
歩きながら、目に止まった草花を頂いて帰り、自分の器に挿す。
こんな何でもない日々が嬉しい。
花に合わせ、今の気持ちに合わせ、器を作れる事が楽しい。




11月19日(火)~12月1日(日)  

落合 芝地 「木のうつわ 漆のうつわ」展

椀、鉢、皿、盆などの普段使いのうつわをつくっています。
どんな料理を盛ろうかな?楽しく想像してもらえれば幸いです。




12月3日(火)~12月25日(水)  
しめしめ展  

ギフトお考えの方は、ぜひお楽しみに♪


出展者

antelope( 服)/garota(bag)/クマタ ケイコ(陶器)

KATE POMFRET(陶器)/前田 美絵(陶器)/ようようさん (手紡ぎ羊毛手袋)
  



  ※12/26(木)~1/3(金) この期間は、ギャラリーとカフェ 共に冬季休業とさせていただきます。




2015年




2014年




2013年




2012年




2011年